So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイスコアガール問題!SNKに金払ってもおいしい商売!! [漫画]

人気漫画「ハイスコアガール」が自主回収されることとなった。


株式会社SNKプレイモアが、
有する著作権を侵害しているとして、
株式会社スクウェア・エニックスを刑事告訴、
それに対して取られた措置である。

SNKは、「ザ・キング・オブ・ファイターズ」や「サムライスピリッツ」などで知られる。


この漫画、イマイチ注目はしていなかったので、
再度調べてみた。
51q162A8EBL__SL500_AA300_.jpg

SNKのキャラクターが、許可も無しに登場している、というこの漫画。

どんな内容なのか。

スポンサーリンク








見てみると、キングオブファイターズのハイデルン、 サムライスピリッツからナインハルト・ズィーガーなどが登場している。


これらが、SNKの許可を得ずに登場しているということで、

まさにやりたい放題

やったもん勝ち臭が非常に出ている。


ほかにも、カプコンからザンギエフやガイルなど、

懐かしの格ゲーキャラが多数登場している。


しかし、許可を得ていないのはSNKのキャラだけで、

カプコンのキャラなどについては全然問題がない模様。



今回明らかになったスクエニの著作権侵害疑惑。


今後、引き続き交渉か争いは続いていくのだろうけれど、

ここまでで、すでにスクエニはこの漫画でだいぶ儲けているだろう。


こういっちゃ悪いが落ち目のSNKが相手ならば、 スクエニはお金を握らせてサクッと解決、という流れになるのだろうと思う。


今となっては、会社の規模が違いすぎる。


SNKとしては、近年でここまでマスコミに登場したのは

他になかったのではないか。


とうか、争いというより、
SNKは言いくるめられて、 これを機に、 スクエニに吸収合併されてしまうのではないか。


そんなことすら考えてしまった。


いずれにせよ、SNKのゲーム
多くの人々の青春を彩ったものたち。


漫画に登場して盛り上がるのは非常に良いことだと思うが、

変な大人のもめごとで、
キャラのイメージ等を台無しにすることだけは
無いようにしてもらいたい。

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

いちえふ(原発漫画)バカ売れ!リアルすぎて出荷停止!! [漫画]

昨年秋からモーニングで連載がはじまった漫画「いちえふ」。

単行本一巻が売れに売れて、
もう15万部を突破したみたいです。




スポンサーリンク











その内容は、
あまりにリアルすぎる東京電力福島第一原発の真実。

そこで働く作業員の毎日の様子が描かれてらしい。

それって、リアルに描いていいんですね。

出荷停止の圧力がかかりそうなもんですが。

51DX2O7iwwL__SS400_.jpg
http://www.amazon.co.jp/ より≫




「いちえふ」のレビューを見ると、
力強い、ダイナミックな画力とストーリーという感想が多いみたいです。


グラフィックやら小道具の絵も綺麗でリアル、とのことです。


「いちえふ」には、作業員の現実が描かれていますが、

原発作業員は、長時間労働であり、過酷な現実があると
思っている我々は、
これを読むと少しは安心するみたいです。


過酷な現実には違いないが、
思っていたよりも温かい部分はある、という感想がありました。

このことは意外でした。


「いちえふ」は作業員をテーマにしているということなので、
福島第一原発の作業員について、少し調べてみると、
まず求人がヒットしました。


敷地内における、放射線量の測定。
防護服を着用しての業務。

一日4時間勤務。

14日間の短期バイトで25万円と。


このリアルな金額をどう考えるか、については人それぞれ、
感覚の違いはあるでしょうね。




スポンサーリンク












ちなみに、「いちえふ」というのは、福島第一原発の略称だとか。
でも、そう呼んでいるのを聞いたことはないですが。


事故から3年が経過して、報道は少し減ってきました。
しかし、問題はすべて解決されたわけではないというのが
リアルの状態です。

思い出したくないけれども、忘れてはいけない出来事。

「いちえふ」を通じて、もう一度、いろいろと思い返し、
自分の考えを整理してみようと思いました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

冨樫義博、 離婚報道! その原因は・・・!! [漫画]

冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』、

連載再開が発表され、

ファンの期待が高まっている。



冨樫義博といえば、

次々と作品を生み出すヒットメーカーであるが、

休載が多いことでも知られる。




休載の原因としては、心の病気ということを

よく言われている。




そんな中、過去の話であるが、


2010年頃、一部週刊誌やネット上で、 冨樫義博が離婚していた、ということが しきりに報じられていた。




しかしながら、


妻であり、『美少女戦士 セーラームーン』の作者、

武内直子との間に、2010年時点で2子がいることを


冨樫本人が『ハンター×ハンター』の単行本内で公開しており、


離婚報道はガセネタであったとされている。




ではなぜ、 こんな根も葉も無いような噂が流れたのか。





それは言うまでもなく、

休載が多すぎるから。





休載が多すぎるから、



離婚して心を病んだ とか、



嫁がアシスタントをやっていたから、

離婚して絵が描けなくなった とか




読者の憶測を生んだのだろうと思う。




しかしこれは、

注目度の高い漫画家である冨樫義博だからこそ、



離婚という、

本来、漫画家のニュースとして

大きく取り上げられないような噂も、



読者の妄想と相まって

広く流れることとなったのだろう。




ミステリアスで多くを語らないところも、

冨樫義博らしくて良いし、



本人があまり表に出てこないことにより、

読者の想像力を邪魔することもなく、

作品に良い効果を生み出しているとも考えられる。




『ハンター×ハンター』の

連載開始から16年が経過した。




こんな長期連載であっても、


毎回想像を裏切る展開を見せてくれる冨樫漫画を

これからも楽しむために、



ファンである我々は、


これから先、

また休載があったしても騒がず、


おとなしく黙って、天才冨樫の復帰を待っておくべき

なのだと思う。


とりあえず、連載再開を喜び、楽しみにしたい。


こちらの記事もどうぞ。

冨樫義博は相変わらず病気!ハンター×ハンター!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

冨樫義博は相変わらず病気!ハンター×ハンター! [漫画]

週刊少年ジャンプ、
冨樫義博の「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の連載再開が発表されました。


4/28発売のジャンプから再開されるみたいです。


この冨樫義博のハンター×ハンター、
1998年(平成10年)から連載が開始されて、

32巻の単行本が出ているみたいですが、

既に累計6600万部以上を発行しているんですと。


単純計算で、単行本一冊につき200万部ですか・・・


単行本一冊400円としても・・・

って、印税の計算を始めそうになりますが、
ここでは見送っておきます。

51wxL8TQj8L__SS500_.jpg
http://www.amazon.co.jp より≫


冨樫義博といえば、連載を休みまくることで有名です。


ハンター×ハンターは、
1998年から連載がはじまってから

すでに16年が経過し、単行本が32冊。



同じく1998年に連載が始まった「ルーキーズ」が、

2003年までの6年間で、
単行本24冊ということと比較すると、

いかに休載期間が長いかがわかります。



休載期間は、最長で1年8か月だそうです。


こんなに休載期間が長いと、
当然ながら?

作者である冨樫義博は、病気だと、

心の病気に冒されているという噂が
あとを絶ちません。


休載以外にも、

ジャンプでの作画が明らかにザツで、
下書きのような状態で掲載された回があったり、


あまりに唐突な話の流れだと
読者が感じたこともあったことから(伏線はあったという読者もいる)、


冨樫義博は病気だ、という
噂が立ったのだと思います。



ま、事実として、
冨樫義博本人が、
週刊誌の連載など無理、と言い切っているようですが。



しかし、病気と言われながらも
作品は面白すぎるので、
天才とも言われる冨樫義博。



天才であるがゆえに、
本当に病気であったとしても、

週刊誌連載なのに
休みまくったとしても、

ファンはいつまでも
ついて行くんですね。

私も連載再開を非常に楽しみにしているファンの一人です。


ちなみに、
「ハンター×ハンター」の
題名の由来は、


ダウンタウンが
「何で2回言うねん」テレビ番組で発言していたことから、
着想を得て『HUNTER×HUNTER』と2回重ねたタイトルとした
≪ウィキペディアより≫

とのこと。


なんじゃそりゃ。。。

としか言いようがない。。。

なんじゃそりゃ。。。

としか言いようがない。。。

大事なことなので2回言いましたw


こちらの記事もどうぞ。

冨樫義博、 離婚報道! その原因は・・・!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
>

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。